食べ物の作用で熱中症対策

こんにちは!

新宿、代々木駅近パーソナルトレーニングスタジオ

Body Review Studio Roots Akiです。

夏本番ですね!

連日、熱中症の報道が増えていたり

対策がメディアにも取り上げられていますね!

営業で外回りが多い方

ジョギング、ランニングで屋外スポーツを楽しむ方

は熱中症対策を、気を付けている方も多いと思います!

夏は「心臓と小腸」の機能を下げない食生活が大切です。

この2つの内臓機能が正常であれば

血液の循環がよく発汗や呼気を通じて適度に熱を放出し

体温が一定に保たれます。

また食事からの栄養吸収状態も良く、

スムーズな血流によって全身に栄養補給が行われます。

そして、夏バテ知らずで過ごせるのです!

normal

肝心な注意したいライフスタイルは

高血圧を招く原因になるもの

小腸を締め付けてしまう、緩め過ぎてしまう下記です。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

・肉類の食べ過ぎ

※あくまで食べ過ぎが問題です。

※食べ過ぎではなく、またお野菜もしっかり摂取できていれば問題ありません。

※糖質制限中の方は肉類の食べ過ぎになる傾向が高いので要注意です。

0006093182F14_551x413y

・塩気の強いもの

・お酒

・白砂糖、刺激物、香辛料などの大量に摂取

※お菓子は思いの外、多くの白砂糖が使われています。

※気力を上げるためのコーヒーや香辛料の取り過ぎには要注意です。

※毎食や毎日摂取しないように気を付けましょう。

・オーブンで焼いた固い粉製品の取り過ぎ

※クッキーなどです。

2016-09-free-photo1-cookie-thumbnail

上記を注意した食生活を心掛けてみてくださいね!

日中の水分補給はもちろん

食事での水分補修も心掛けましょう!

皆さんもご存知のように

夏の野菜、果物には水分が豊富に含まれています。

トマトやナス、キュウリ、ズッキーニ、桃、スイカなど…

を取り入れて

食事からも水分をしっかり摂取していきましょう!

10157001007

また、これらの野菜や果物は

「陰性」と言って体を冷やす作用を持っています。

体に熱がこもっているような感覚があれば

生で食べられる野菜はなるべくそのまま食べると

より、体を冷やす作用の効果を得られます。

ぜひ、ご参考まで!

疑問点はいつでもご相談ください

梅雨が長く待ちに待った夏…

暑さに負けずに楽しみましょう!

スクリーンショット 2018-02-07 11.57.08のコピー

Body Review Studio Roots

住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目
※新宿サザンテラス口から徒歩5分代々木から徒歩2分
プライベートサロンになっていますので体験トレーニングご予約の方にのみ
スタジオ詳細をお伝えしています。

代表TEL 080-2378-5252
Mail mmmyuki10@gmail.com
LINE ID yuki2.01-10

当店 Facebook ページはこちら
http://bit.ly/28OJFLW