ブログ

IMG_4665
2019年08月07日

なぜ崩れた姿勢が元に戻りにくいのか?

こんにちは! 新宿、代々木駅近パーソナルトレーニングスタジオ Body Review Studio Roots 加納です。 – 今回はタイトルにもあるように なぜ崩れた姿勢が元に戻りにくいのか? についてのお話です。 – ・仕事の姿勢 ・家事・育児の姿勢 ・スポーツの姿勢 – などの姿勢が普段の姿勢に なってしまってるから。 そのため姿勢を変えるには この基準となっている姿勢を変えないといけません。 – 身体に負担をかける姿勢を 基準にしてはいけません。 デスクワークは背中を丸めながら 作業をする事になるので それが当たり前になると その姿勢が普通になる。 立ち仕事で尚且つ人前に立つ仕事だと 見た目を気にして胸を張り 反り腰になるのでそれが当たり前になると その姿勢が普通になる。 – こんな感じで 今の自分の姿勢が形成されるので これを変えるには別の姿勢を基準となるように 身体に染み込ませなければならないのです。 そのためにはどんな姿勢が 身体にとって最も良い姿勢なのか?- これを明確にする必要があります。 – 身体にとって良い姿勢とは? – この姿勢をより具体的にすると 耳の穴 ↓ 肩の峰 ↓ 大転子 ↓ 膝の前 ↓ くるぶしの前 – が一直線に並ぶ位置になります。 –…

10157001007
2019年08月05日

食べ物の作用で熱中症対策

こんにちは! 新宿、代々木駅近パーソナルトレーニングスタジオ Body Review Studio Roots Akiです。 — 夏本番ですね! 連日、熱中症の報道が増えていたり 対策がメディアにも取り上げられていますね! — 営業で外回りが多い方 ジョギング、ランニングで屋外スポーツを楽しむ方 は熱中症対策を、気を付けている方も多いと思います! — 夏は「心臓と小腸」の機能を下げない食生活が大切です。 この2つの内臓機能が正常であれば 血液の循環がよく発汗や呼気を通じて適度に熱を放出し 体温が一定に保たれます。 また食事からの栄養吸収状態も良く、 スムーズな血流によって全身に栄養補給が行われます。 — そして、夏バテ知らずで過ごせるのです! 肝心な注意したいライフスタイルは 高血圧を招く原因になるもの 小腸を締め付けてしまう、緩め過ぎてしまう下記です。 ⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎ ・肉類の食べ過ぎ ※あくまで食べ過ぎが問題です。 ※食べ過ぎではなく、またお野菜もしっかり摂取できていれば問題ありません。 ※糖質制限中の方は肉類の食べ過ぎになる傾向が高いので要注意です。 ・塩気の強いもの ・お酒 ・白砂糖、刺激物、香辛料などの大量に摂取 ※お菓子は思いの外、多くの白砂糖が使われています。 ※気力を上げるためのコーヒーや香辛料の取り過ぎには要注意です。 ※毎食や毎日摂取しないように気を付けましょう。 ・オーブンで焼いた固い粉製品の取り過ぎ ※クッキーなどです。 上記を注意した食生活を心掛けてみてくださいね! — 日中の水分補給はもちろん 食事での水分補修も心掛けましょう! 皆さんもご存知のように 夏の野菜、果物には水分が豊富に含まれています。 トマトやナス、キュウリ、ズッキーニ、桃、スイカなど… を取り入れて 食事からも水分をしっかり摂取していきましょう! また、これらの野菜や果物は 「陰性」と言って体を冷やす作用を持っています。 体に熱がこもっているような感覚があれば 生で食べられる野菜はなるべくそのまま食べると より、体を冷やす作用の効果を得られます。 —…

IMG_6055
2019年08月02日

食欲増加は悪か??

こんにちは! 新宿、代々木駅近パーソナルトレーニングスタジオ Body Review Studio Roots Yukiです。 きたる 9月のtriathlonと 10月のフルマラソンに向けて ただ今トレーナー生活習慣改善セールで超絶トレーニング中です。 (↑BIKE練習でみなとみらいまで30kmかけて行ってきました) ー さてさて表題の件ですが 「皆さんは年齢を重ねるごとに食欲は上がっていますか??」 ・昔と変わらずor増えている方 「体型は昔より大きくなりましたか?」 ・年々減っているor減らす努力としている 「昔と比べて体力衰えてませんか?」 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ ベストボディに出ようとして作った3年前 筋肉のラインを出すために高タンパク低糖質で作った身体 (短所 疲れやすく、食べたいものが食べれない) ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ フルマラソンに向けて作った1年前 長時間動くために糖質などのエネルギーなどを多く摂取しながら作った身体 (短所 体重が落ちてきてパワー(重量)があげられない) 現在は一日の練習時間が2時間前後になるので 一日の摂取エネルギーが3,000cal以上です。 (食べないと練習ができない状態になります…) 「さて皆さんはどういう食生活を送りたくて どういう身体が欲しいでしょうか??」 人それぞれだとは思いますが 実現するにはどのような努力が必要になるでしょう? ー ー 自分に合った食事バランスを掴んで頑張りましょう Body Review Studio Roots 住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目 ※新宿サザンテラス口から徒歩5分代々木から徒歩2分 プライベートサロンになっていますので体験トレーニングご予約の方にのみ スタジオ詳細をお伝えしています。 代表TEL 080-2378-5252 Mail mmmyuki10@gmail.com LINE ID yuki2.01-10 当店 Facebook ページはこちら http://bit.ly/28OJFLW

IMG_6FED9BB7E8FD-1
2019年07月31日

肩こりも足元から解消!!

こんにちは! 新宿、代々木駅近パーソナルトレーニングスタジオ Body Review Studio Roots 加納です。 肩がこってるとどうしても 直接肩周りをほぐしたくなりますよね! – もちろんそれはそれでありです! – でも正直それだけでは不十分! – 何故なら肩コリの原因は背骨が関係してたり 手首や肘が関係してたりと、、 色々と繋がりがあるので 患部以外の場所も調整しなければなりません。 – そんな繋がりを辿っていくと 肩から一番遠い 足元が結構関係してたりするんです! – 人間は二足歩行なので 土台である足元が崩れると その上はドンドン歪になっていく というのはブログで腰痛について 話しました! – http://yuki-personal.com/blog/2356/ – 実は肩コリにも影響があります! 肩こりになると固まる筋肉は僧帽筋。 この筋肉は姿勢の影響をもろに受けやすく 猫背になれば背中が丸まり腹筋が固まるため そこから胸→肩→僧帽筋と繋がりますし 反り腰になれば背筋が固まり 直接繋がってる僧帽筋が影響を受けます。 そしてこんな感じで姿勢が崩れてる人は 体重がかかる位置が – 足の前だったり後ろだったり、、 内だったり外だったり、、 しかもそれに左右差があったり、、 – こんな感じで良い位置から ズレてしまいます! – すると足のアーチが潰れて 足元がグラグラになってしまいます! そしてそれが影響して全身に力みが生じてしまい 更に肩コリの重症度は増してしまうのです。 – 体重がかかると良い位置ってどこ? 最も身体に負担のかからない…

スクリーンショット 2019-07-29 12.22.55
2019年07月29日

むくみ、セルライト

こんにちは! 新宿、代々木駅近パーソナルトレーニングスタジオ Body Review Studio Roots Akiです。 — 今回は前回のリンパの続きで むくみやセルライトについてです — 体の水分は… 毛細血管から漏れ出した水が皮下組織へ溜まります。 ⇨この水を静脈とリンパ管が受け取ります。 ※毛細血管に戻る水分量はほぼ一定で柔軟性がなく 水分が多くなっても大量の水は排除出来ません。 そこで リンパ管の活躍で回収する水分量を上げ、 身体の水分量が一定になるように働いています むくみは… 通常、老廃物を含んだ水はリンパ管と静脈で回収され 細胞が元気に生きるための環境が保たれていますが ✔︎皮下組織に水も老廃物も回収されず溜まったまま ✔︎細胞の外に出た水分が排泄されずに留まっている これが『むくみ』です。 — また運動し過ぎた時にむくむのは、筋疲労が原因。 身体中から水分が集められ、炎症した筋を冷却するため。 ※身体が疲労していると 新陳代謝も低下しリンパの働きが鈍いので 集めた水分を上手く排出できないことがむくみになります。 ◎代謝についての細胞と水 細胞と細胞の間にある「むくみ」の水が減ることで 細胞と細胞の距離が縮まります。 〜細胞付近〜 細胞に必要な栄養素を運ぶ、老廃物を受け取る 毛細血管・リンパ管があります。 これらの距離が近づくと、仕事が潤滑に出来、 代謝の促進に繋がります。 〜水の抵抗〜 皮下組織の水分には抵抗があり、 体液の中には様々な物質が溶け込んでいます。 ・物質が増える+水分が少なくなる⇨粘り気が強くなる ※体液は温度が低くなるとますます抵抗が増す ➡︎抵抗が少ないと循環が早く体液がスムーズに流れ  運搬や回収がスムーズで素早く代謝も良いです — ◎セルライトとむくみ むくんだ状態や代謝が悪い状態が続くと ⇨皮下組織に老廃物やたんぱく質成分が増え ⇨脂肪細胞や皮膚を構成している繊維などと絡まる ⇨塊を作る ➡︎これが『セルライト』です。 ◉リンパの流れに悪影響を与える主な原因 ・加齢による新陳代謝の低下…